濡れ場

映画『月と雷』人間関係を築くのが下手くそな大人たち

映画『月と雷』は、不器用に生きる大人たちが描かれています。

  • フラフラしている
  • 居候したことがある
  • 人間関係を築くのが下手

映画『月と雷』概要

あらすじ

結婚を控えた泰子(初音映莉子)の前に、幼少期に半年間だけ一緒に暮らしていた智(高良健吾)が無邪気に現れる。

映画『月と雷』東原智役の高良健吾
©2012 角田光代 / 中央公論新社
©2017「月と雷」製作委員会

20年前、父親の愛人・直子(草刈民代)と息子の智が家に転がり込んできたために泰子の家庭は壊れてしまった。

映画『月と雷』辻井役の村上淳
©2012 角田光代 / 中央公論新社
©2017「月と雷」製作委員会

根無し草のまま大人になった智は泰子の人生を再びかき回す。平板は生活は一転した。

泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・直子を訪ねることで置き去りにされた時間を問い直す。

映画『月と雷』辻井泰子役の初音映莉子と佐伯亜里砂役の藤井武美
©2012 角田光代 / 中央公論新社
©2017「月と雷」製作委員会

キャスト

辻井泰子(初音映莉子)
スーパーの店員で結婚を控えている。
東原智(高良健吾)
長続きしない恋愛を繰り返している。
東原直子(草刈民代)
男の家を渡り歩きながら生活を送る。
泰子の父(村上淳)
遺品が家の中にたくさん残っている。
佐伯亜里砂(藤井武美)
泰子の異父妹で留学を控えている。

作品情報

『月と雷』(2016年)
出演:初音映莉子 高良健吾 草刈民代
監督:安藤尋 原作:角田光代

映画『月と雷』感想

映画『月と雷』辻井泰子役の初音映莉子
©2012 角田光代 / 中央公論新社
©2017「月と雷」製作委員会

見どころ3選

  • 向き合わない濡れ場
  • 草刈民代の老けメイク
  • 遠慮のない居候

なんといっても高良健吾と初音映莉子の濡れ場がエロい。

添い寝している高良健吾が背後からじわりじわりとまさぐります。その腰つきがエロい。

映画『月と雷』初音映莉子と高良健吾の濡れ場
©2012 角田光代 / 中央公論新社
©2017「月と雷」製作委員会

いやエロい!!!(恍惚)
この「向き合わないスタイル」はマジで名場面です。見逃さないで。

このまま行為に及ぶのかと思ったら、最終的には初音映莉子の大胆ヌードで騎乗位(向き合うんかい)。ごちそうさまです。

また、驚いたのが草刈民代。あまりにも別人で気がつかないほどでした。

映画『月と雷』東原直子役の草刈民代
©2012 角田光代 / 中央公論新社
©2017「月と雷」製作委員会

男たちの家をフラフラと渡り歩いて朝から酒も飲む。男を虜にしてしまう魔性の女。

映画『月と雷』東原直子役の草刈民代
©2012 角田光代 / 中央公論新社
©2017「月と雷」製作委員会

草刈民代演じる直子と息子・智はもちろんのこと、気がつくと異父妹まで泰子の家に転がり込みます。

しびれをきらした家主・泰子が追い払っても、雨戸を外して侵入する強メンタル(帰れ)。

映画『月と雷』辻井家に転がり込む直子と智と亜里砂
©2012 角田光代 / 中央公論新社
©2017「月と雷」製作委員会

全力で泰子の人生をかき乱しますが、どこか憎めません。

自由奔放に見える直子が泰子に伝えたメッセージはどんな境遇の人にも当てはまる言葉で、いろんな生き方を肯定してくれるような心強いものでした。

映画『月と雷』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

配信状況 サービス名
× Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
× Netflix
U-NEXT
× dTV
× FOD

本ページの情報は記事更新日(2019年7月時点)のものです。最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

↓↓おすすめ濡れ場記事↓↓
濡れ場が多くてエロい映画ドラマ10選

さらに本格的な濡れ場なら
「上記じゃ刺激が足りない」という人は、こちらのほうがいいかももっと激しいアダルト作品を視聴する

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。