ヒューマンドラマ

映画『恋人たち』生きづらさを抱える3人の男女

映画『恋人たち』は、心に傷を抱えながらも懸命に生きる3人の男女それぞれの絶望と再生が描かれています。

  • 人が再生していく姿が見たい
  • 迫力のある演技に震えたい
  • 生活感のある作品が好き

視聴方法だけ知りたい人はこちら
(無料で視聴する方法と各社配信情報)

映画『恋人たち』概要

あらすじ

通り魔によって最愛の妻を殺害された篠塚アツシ(篠原篤)は、橋梁点検の仕事に就いていながらも健康保険料を払えないほど困窮した生活を送っていた。

映画『恋人たち』篠塚アツシ役の篠原篤

弁当屋で働く高橋瞳子(成嶋瞳子)は、自分に関心のない夫とそりの合わない姑と代わり映えのない毎日を過ごしている。ところが取引先の中年男性と肉体関係を持ってしまう。

エリート弁護士の四ノ宮(池田良)は、同性愛者であることを理解してくれていた学生時代からの親友との間にある誤解が生まれる。

生きづらさを抱える3人の男女が当たり前の日々を失い、大切なことに気づいていく。

キャスト

篠塚アツシ(篠原篤)
通り魔に最愛の妻を殺害される。
高橋瞳子(成嶋瞳子)
夫と姑と暮らしながら弁当屋で働く。
四ノ宮(池田良)
同性愛者の弁護士で独立を考えている。
女子アナ(内田慈)
離婚の相談で四ノ宮の事務所を訪れる。
黒田大輔(黒田大輔)
アツシの同僚。事故で片腕を失う。

作品情報

『恋人たち』(2015年)
出演:篠原篤, 成嶋瞳子, 池田良
監督 / 脚本:橋口亮輔

映画『恋人たち』感想

映画『恋人たち』篠塚アツシ役の篠原篤

見どころ3選

  • 被害者遺族の喪失感
  • 献身的に励ます同僚
  • 雑すぎる乳の揉み方

冒頭から繰り広げられる役者の演技に圧倒されます。中でも主演・篠原篤の迫力が群を抜いていました。

それもそのはず、篠原篤は本作で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞したとのこと。個性派俳優として名高いリリー・フランキーと並んでも、まったく引けを取りません。

映画『恋人たち』篠塚アツシ役の篠原篤

篠原篤が演じるのは通り魔に妻を殺された夫。被害者遺族を描いた物語は数あれど、報復や暴力を振るわずにここまで憎しみを爆発させている作品を私はほかに知りません。

血走った目や言葉にならない激しい憤りを見事に体現。そして、その悲痛な姿を常に気にかけて励まし続ける同僚の言葉が涙を誘います(思い出すだけで泣ける)。

映画『恋人たち』黒田大輔

どんなに怒りをぶつけられても「あなたともっと話したい」と諭す同僚。

しかしながら献身的に励ましてもなかなか本人に思いは届かず。たとえ周りに恵まれていても、そう簡単に憎しみは消えません。

一方で成嶋瞳子と光石研の不倫シーンにも目を奪われました。なぜなら、おっぱいの揉み方がとにかく雑。そして生々しい。

タバコを片手に別の方向を向いて会話をしながら手の甲で雑に乳首をいじくります(せめて乳を見て乳を!)。

映画『恋人たち』高橋瞳子が乳首出しヌードで挑む濡れ場

物語は「妻を亡くした夫」と「夫から関心を持たれない妻」と「親友に秘めた思いを抱く弁護士」の男女3人がそれぞれ折り合いをつけながら再生していく姿が描かれています。

いわゆる絶望から希望を見つけて一歩踏み出す系ですが、その一歩が本当にわずか。

一歩としてカウントできないくらいの小さな前進です。しかしながら、その一歩に対して得る希望の大きさに気持ちよくエンドロールを見ることができるでしょう。

最後の最後まで停止ボタンを押さずに視聴することをおすすめします。

【追記】挿入歌「Usual life」があまりにも美しいのでサントラを購入してしまいました。

映画『恋人たち』サントラ

©松竹ブロードキャスティング / アーク・フィルムズ

映画『恋人たち』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

配信中の作品が動画配信サービス内の検索結果に出てこないときはブラウザ版から検索で簡単解決配信中の作品が検索できない理由と対処方法

配信状況 サービス名
× Amazonプライム・ビデオ
Hulu
× Netflix
U-NEXT
× Paravi
dTV
FODプレミアム

動画を視聴するならU-NEXTの無料体験がお得
※登録も解約も簡単で配信数が多くアダルトも強い
(違法動画を探すより早い・安全・高画質)

無料でU-NEXTを試してみる

国内最大級の人気動画配信サービスU-NEXTとは【特徴】他社よりも圧倒的に配信数が多い【知らないと損】国内最大級の人気動画配信サービスU-NEXTの概要やメリット・デメリット、あまり知られていないアダルトコンテンツについて紹介いたします。...
ABOUT ME
ヤナマリ(柳本マリエ)
ヤナマリ(柳本マリエ)
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。このブログでは濡れ場の多い映画やドラマの見どころを真剣に解説しております。R指定作品はお任せください。人間の下心がむき出しの作品が好き。