ヒューマンドラマ

映画『新聞記者』国家権力に抗う女性記者とエリート官僚

映画『新聞記者』は、東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを“原案”に記者と官僚が対峙する姿が描かれています。

  • 話題の作品を視聴したい
  • 官僚機関の構造が知りたい
  • 国家権力に抗う姿が見たい

視聴方法だけ知りたい人はこちら
(無料で視聴する方法と各社配信情報)

映画『新聞記者』概要

あらすじ

ある晩、大学新設計画についての極秘情報が匿名FAXで東都新聞社会部宛てに届き、若手記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は上司から調査をするよう依頼される。

ところが内閣府の神崎(高橋和也)という人物までたどり着いた矢先に神崎が自殺をしてしまい、真相にたどり着けずにいた。

映画『新聞記者』吉岡エリカ役のシム・ウンギョン

一方、内閣情報調査室に勤務するエリート官僚・杉原拓海(松坂桃李)はかつての上司だった神崎の自殺に疑問を抱き調査を始める。

キャスト

吉岡エリカ(シム・ウンギョン)
東都新聞の記者で匿名FAXの真相を追う。
杉原拓海(松坂桃李)
内閣情報調査室勤務のエリート官僚。
杉原奈津美(本田翼)
杉原の妻で出産を間近に控えている。
倉持大輔(岡山天音)
エリカの同僚で調査に協力する。
神崎俊尚(高橋和也)
杉原の元上司で自殺してしまう。

作品情報

『新聞記者』(2019年)
出演:シム・ウンギョン, 松坂桃李
監督:藤井道人 原案:望月衣塑子
脚本:詩森ろば, 高石明彦, 藤井道人

映画『新聞記者』感想

映画『新聞記者』吉岡エリカ役のシム・ウンギョンと杉原拓海役の松坂桃李

見どころ3選

  • 官僚機関の構造と闇
  • シム・ウンギョンの涙
  • 表情だけで表現する心境

本作は、実在する東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを“原案”に描かれたフィクション。官僚機関の構造や闇が暴かれる、非常に挑戦的な内容となっています。

加えて、第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞・最優秀主演男優賞(松坂桃李)・最優秀主演女優賞(シム・ウンギョン)の3冠を果たし、話題となりました。

にも関わらず「うわぁ、情報系機関ってマジでこんな薄暗い部屋なのかな」という薄っぺらい感想を持ってしまった自分が情けない。

映画『新聞記者』杉原拓海役の松坂桃李

だって刑事ドラマとかに出てくるサイバー課みたいなところも大体が薄暗い部屋じゃないですか。だから実際のところどうなのかと。

映画『新聞記者』吉岡エリカ役のシム・ウンギョン

(気を取り直して主演賞の話をしましょう)

最優秀主演女優賞を受賞したシム・ウンギョンは授賞式でも涙を流していましたが、劇中でも涙の演技が印象的です。特に悔し泣きのシーンでは、つられて泣いてしまいました。

一方、 最優秀主演男優賞を受賞した松坂桃李はラストシーンでの言葉を発しない演技が余韻を残します。そこにすべてが詰まってる。

映画『新聞記者』杉原拓海役の松坂桃李

フィクションである本作でリアルを感じたラストシーンです。そのままボーっとエンドロールを眺めてしまいました。

映画『新聞記者』吉岡エリカ役のシム・ウンギョンと杉原拓海役の松坂桃李

©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

映画『新聞記者』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

本ページの情報は2020年3月時点のものです。
最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

配信中の作品が動画配信サービス内の検索結果に出てこないときはブラウザ版から検索で簡単解決配信中の作品が検索できない理由と対処方法

配信状況 サービス名
× Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
× Netflix
U-NEXT
Paravi
dTV
FODプレミアム

動画を視聴するならU-NEXTの無料体験がお得
※登録も解約も簡単で配信数が多くアダルトも強い
(違法動画を探すより早い・安全・高画質)

無料でU-NEXTを試してみる

国内最大級の人気動画配信サービスU-NEXTとは【特徴】他社よりも圧倒的に配信数が多い【知らないと損】国内最大級の人気動画配信サービスU-NEXTの概要やメリット・デメリット、あまり知られていないアダルトコンテンツについて紹介いたします。...
ABOUT ME
ヤナマリ(柳本マリエ)
ヤナマリ(柳本マリエ)
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。このブログでは濡れ場の多い映画やドラマの見どころを真剣に解説しております。R指定作品はお任せください。人間の下心がむき出しの作品が好き。