おすすめ作品

【生誕45周年】「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」全5作品解説

日活ロマンポルノ生誕45周年を記念して「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」という企画が2016年に発表されました。

5人の監督(白石和彌・園子温・塩田明彦・中田秀夫・行定勲)が同じ条件のもと濡れ場映画を撮りおろす、というもの。

この記事では「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」で誕生した新時代のロマンポルノ全5作品を紹介いたします。

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」概要

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」

日活ロマンポルノは、1971年から1988年にかけて日活で制作された日本の成人映画。

その生誕45周年を記念して企画されたのが「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」です。※リブート=再起動

5人の監督が同じ条件のもと撮りおろし、2016年から2017年にかけて順次上映されました。

監督一覧

白石和彌(しらいしかずや)
1974年生まれ。『凶悪』『彼女がその名を知らない鳥たち』『孤狼の血』など、ワルを撮るのが得意。だだし『32/サニー』だけは私の好みではありませんでした。

園子温(そのしおん)
1961年生まれ。『愛のむきだし』『恋の罪』『冷たい熱帯魚』など、ぶっとび系やエログロを撮る変態(褒めている)。作品のクセが強いので体調の悪いときは気をつけたほうがいい。

塩田明彦(しおたあきひこ)
1961年生まれ。『黄泉がえり』『どろろ』などで興収30億円を超えるヒットを記録。

中田秀夫(なかたひでお)
1961年生まれ。あの『リング』で日本映画界にホラーブームを巻き起こした人。やはり貞子は特別なんでしょうね。『スマホを落としただけなのに』での「貞子化」には驚かされました。

行定勲(ゆきさだいさお)
1968年生まれ。セカチューこと『世界の中心で、愛をさけぶ』にて長澤まさみを出世させる。『パレード』や『リバーズ・エッジ』などでのクズの描き方もお上手です。

映画制作マニフェスト

上記5人の監督(白石和彌・園子温・塩田明彦・中田秀夫・行定勲)は下記条件を守らなければなりません。

  • ロマンポルノ初監督
  • 上映時間は80分前後
  • 10分に1回の濡れ場
  • 完全オリジナル作品
  • 撮影期間は1週間
  • 制作費は一律

原作ありきの映画化が多い中、完全オリジナルというところも熱い。それぞれの監督が撮影した作品が下記です。

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」作品

白石和彌監督『牝猫たち』

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」白石和彌監督の『牝猫たち』
©2016日活

孤独を抱えた3人の風俗嬢
『牝猫たち』は、池袋の風俗店「極楽若奥様」で働く風俗嬢3人の孤独が静かに描かれています。お笑い芸人・とろサーモン村田の濡れ場がとにかく好演だったので、それだけでも覚えて帰ってくださいね(漫才風)。

キャッチコピー
ちょっとなついただけ。飼ってほしいわけじゃない。

映画『牝猫たち』(2016年)
出演:井端珠里 真上さつき 美知枝
監督 / 脚本: 白石和彌
肌の露出度:

詳しい記事はこちら映画『牝猫たち』都会の夜街に漂う孤独

園子温監督『アンチポルノ』

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」園子温監督の『アンチポルノ』
©2016日活

悪夢にうなされる少女
『アンチポルノ』は、虚構と現実の境目がわからない独特の世界観が描かれています。元アイドル・冨手麻妙と大女優・筒井真理子のヘアヌード(R18版)や、立場がコロコロと入れ替わる笑い飯スタイルが見どころ。

キャッチコピー
処女なのに売体 自由なのに奴隷 憂鬱すぎる日曜日

映画『アンチポルノ』(2016年)
出演:冨手麻妙 筒井真理子
監督 / 脚本:園子温
肌の露出度:

詳しい記事はこちら映画『アンチポルノ』虚構と現実の狭間に見る悪夢

塩田明彦監督『風に濡れた女』

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」塩田明彦監督の『風に濡れた女』
©2016日活

本能のままに生きる肉食系女子
『風に濡れた女』は、野性味溢れる女にロックオンされた男の翻弄される姿が描かれています。セックスが激しすぎて家が崩壊するくだりはドリフのコント並み。「愛の狩人」の正体に、なるほど納得です。

キャッチコピー
いとしい。おいしい。

映画『風に濡れた女』(2016年)
出演:間宮夕貴 永岡佑 鈴木美智子
監督 / 脚本:塩田明彦
肌の露出度:

詳しい記事はこちら映画『風に濡れた女』本能のままに生きる愛の狩人

中田秀夫監督『ホワイトリリー』

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」中田秀夫監督の『ホワイトリリー』
©2016日活

一線を超えてしまった師匠と弟子
『ホワイトリリー』は、師弟関係を超えてしまった女性同士の愛憎が描かれています。4角関係の激しい修羅場はまさに地獄絵図。女性ならではの柔肌感や舌づかいがエロいです。

キャッチコピー
甘美な蜜の虜になる

映画『ホワイトリリー』(2016年)
出演:飛鳥凛 山口香緒里 町井祥真
監督:中田秀夫 脚本:加藤淳也 三宅隆太
肌の露出度:

詳しい記事はこちら映画『ホワイトリリー』一線を超えた師弟の暴走

行定勲監督『ジムノペディに乱れる』

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」行定勲監督の『ジムノペディに乱れる』
©2016日活

志を失った空虚な映画監督
『ジムノペディに乱れる』は、根無し草のような映画監督の1週間が描かれています。あれよあれよと肉体関係を持つ姿はなぜか憎めません。昏睡した妻を嫉妬で目覚めさせるために看護師とセックスをする荒療治に注目。

キャッチコピー
大人になっても、男は愛の未熟者。

映画『ジムノペディに乱れる』(2016年)
出演:板尾創路 芦那すみれ 岡村いずみ
監督 / 脚本:行定勲
肌の露出度:

詳しい記事はこちら映画『ジムノペディに乱れる』志を失った映画監督の1週間

さらに激しい濡れ場なら

さらに本格的な濡れ場なら
「上記じゃ刺激が足りない」という人は、こちらのほうがいいかももっと激しいアダルト作品を視聴する

以上、「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」全5作品を紹介いたしました。詳しいあらすじや感想および動画配信状況などは、個別記事にてご確認いただけます。

↓↓おすすめ濡れ場記事↓↓
濡れ場が多くてエロい映画ドラマ10選

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。