濡れ場

映画『nude』AV女優に待ち受ける試練と葛藤

映画『nude』は、元AV女優・みひろの自伝的小説を映画化。仕事に対する葛藤が描かれています。

  • AV女優の心境が知りたい
  • 乳首出しヌードが見たい
  • 友情に涙したい

映画『nude』概要

あらすじ

芸能人になることを夢見て新潟から上京した山瀬ひろみ(渡辺奈緒子)は、芸能事務所の榎本(光石研)にスカウトされる。

AV出演はしないことを条件に「みひろ」という芸名でヌードモデルの仕事を始め、順調に活動の幅は広がっていった。

ところが地元の親友・ さやか(佐津川愛美)や恋人に仕事が見つかってしまう。

映画『nude』みひろ役の渡辺奈緒子とさやか役の佐津川愛美
©2010「nude」製作委員会

そんなときみひろに次のステップとして持ちかけられたのが、AV出演だった。

キャスト

山瀬ひろみ / みひろ(渡辺奈緒子)
芸能人に憧れて高校卒業後に上京する。
河井さやか(佐津川愛美)
ひろみの親友で地元・新潟の大学に通う。
先輩AV女優(みひろ)
ひろみが所属している事務所の先輩。
榎本(光石研)
上京してきたひろみをスカウトする。

作品情報

『nude』(2010年)
出演:渡辺奈緒子 佐津川愛美 光石研
監督:小沼雄一 原作:みひろ

映画『nude』感想

映画『nude』みひろ役の渡辺奈緒子の濡れ場
©2010「nude」製作委員会

見どころ3選

  • 裸の仕事に対する葛藤
  • 親友・さやかの葛藤
  • 原作者のカメオ出演

AV業界に飛び込む系の物語は、肝が座っているタイプの主人公である場合が多いように感じます。

ところが渡辺奈緒子演じるひろみはAV出演に対しての抵抗が大きいため、なかなか踏み出すことができません。

映画『nude』みひろ役の渡辺奈緒子
©2010「nude」製作委員会

中途半端と言われてしまったり、うまく自分を表現できなかったり、いつやめてもおかしくない状態がつづきます。その弱々しさにリアリティを感じました。

一方で、佐津川愛美演じる親友・さやかの言動は涙を誘います。

映画『nude』みひろ役の渡辺奈緒子とさやか役の佐津川愛美
©2010「nude」製作委員会

地元でひろみの悪口を言われることは許せないけど、裸の仕事については受け入れることができない。親友サイドの繊細な心境が描かれています。

特に、泣きながらひろみのAVを視聴するシーンはつられて泣いてしまいました。

また、原作者で元AV女優・みひろもカメオ出演しています。けっこう重要な役どころなのでお見逃しなく。

映画『nude』渡辺奈緒子とカメオ出演したみひろ
©2010「nude」製作委員会

映画『nude』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

配信状況 サービス名
× Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
Netflix
U-NEXT
× dTV
× FOD

本ページの情報は記事更新日(2019年9月時点)のものです。最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

↓↓おすすめ濡れ場記事↓↓
濡れ場が多くてエロい映画ドラマ10選

さらに本格的な濡れ場なら
「上記じゃ刺激が足りない」という人は、こちらのほうがいいかももっと激しいアダルト作品を視聴する

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。