濡れ場

映画『泪壺』亡き妹の夫への恋心と葛藤

映画『泪壺』は、亡くなった妹の夫に対する秘めた恋心と義姉としての葛藤が描かれています。

  • 好きな人から好かれない
  • 乳首出しヌードが見たい
  • おっぱいを揺らしたい

※視聴方法だけ早く知りたい人はこちら

映画『泪壺』概要

あらすじ

乳ガンで入院中の愁子(佐藤藍子)は、夫・雄介(いしだ壱成)に「自分が死んだら遺骨で壺を作ってほしい」と依頼する。

愁子の死後、雄介は望み通りに壺を作った。しかしながら焼きあがった壺には涙のような傷ができてしまう。

それでも壺を大事にする雄介に、愁子の姉・朋代(小島可奈子)は恋心を抱いていた。

映画『泪壺』雄介役のいしだ壱成

キャスト

朋代(小島可奈子)
音楽教師で急に走り出す癖がある。
愁子(佐藤藍子)
朋代の妹で乳ガンを患って亡くなる。
雄介(いしだ壱成)
愁子の夫で妻の望み通り遺骨で壺を作る。

作品情報

『泪壺』(2008年)
出演:小島可奈子 いしだ壱成 佐藤藍子
監督:瀬々敬久 原作:渡辺淳一

映画『泪壺』感想

映画『泪壺』小島可奈子といしだ壱成の濡れ場
©2007 アートポート / 渡辺淳一・講談社

見どころ3選

  • パーカー下の直おっぱい
  • 同僚との受け身セックス
  • 教え子との攻めセックス

すべての濡れ場で肌の露出が多いです。中でもエロいのが、小島可奈子演じる朋代と元同僚のセックスシーン。

朋代が着ているパーカーを脱がされると下にはなにも着ていない状態で、おっぱいがこぼれます。元同僚との絶妙な距離感も相まって、めちゃめちゃエロい。

もうこのままくっついてしまえばいいと思ってしまうほど。元同僚のおっぱいの揉み方や乳首の舐め方に包容力を感じました。

映画『泪壺』小島可奈子の乳首出しヌード

しかしその後は自分の教え子とも関係を持ちます。元同僚とのセックスとは対照的に、朋代がフェラや騎乗位でリード。

ヘアヌードもチラッと解禁しているので、肌の露出を求める人におすすめ。

もともとピンク映画を撮っていた瀬々監督の濡れ場は、毎度見ごたえがあります。『最低。』のヌードも美しくてよかったです。

瀬々監督作品『最低。』の感想はこちら映画『最低。』AVと関わる女性3人の決断

映画『泪壺』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

本ページの情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

配信中の作品が動画配信サービス内で検索できないときはこちら配信中の作品が検索できないときの対処方法

配信状況 サービス名
× Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
× Netflix
U-NEXT
× dTV
× FOD

↓無料で動画を視聴するならU-NEXTがお得↓
※登録も解約も簡単で配信数が多い

無料でU-NEXTを試してみる

上記じゃ刺激が足りない、という人はこちらの記事がおすすめ映画からアダルト動画までまとめて視聴する

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。