ヒューマンドラマ

映画『ミツコ感覚』止まらない不条理を受け入れる姉妹

映画『ミツコ感覚』は、謎の男・三浦に翻弄される姉妹が描かれています。

  • 気持ち悪い人を見たい
  • 不快感は味わいたくない
  • 会話の「間」を楽しみたい

映画『ミツコ感覚』概要

あらすじ

カメラマン志望のミツコ(初音映莉子)は、河原で写真を撮っていると見た目も挙動も怪しい謎の男・三浦(三浦俊輔)に声をかけられる。

映画『ミツコ感覚』ミツコ役の初音映莉子

そこにミツコの姉・エミ(石橋けい)と不倫相手の松原(古舘寛治)が通りかかり、三浦はエミの同級生だったことが発覚した。

映画『ミツコ感覚』エミ役の石橋けい

帰宅後、エミの不倫相手・松原が離婚する方向にあることをミツコに打ち明ける。しかしミツコは母親が父親の浮気の末に自殺しているため、2人のことを祝福できずにいた。

するとそこに「ミントティーが飲みたい」と、空気を読まない三浦が再び現れる。

家にあがり込んだ三浦は、エミと松原の目を盗んでミツコの前でズボンを脱ぐ。いったい三浦は何者なのか。

映画『ミツコ感覚』三浦俊輔

キャスト

ミツコ(初音映莉子)
写真の専門学校に通う学生。
エミ(石橋けい)
ミツコの姉で上司と不倫している。
三浦(三浦俊輔)
ミツコに異常な関心を示す謎の男。
三浦の姉(山本裕子)
三浦の姉と名乗る謎の女。
松原(古舘寛治)
エミの不倫相手で離婚をする予定。

ミツコ役【初音映莉子】出演作品『月と雷』の感想はこちら映画『月と雷』人間関係を築くのが下手くそな大人たち

作品情報

『ミツコ感覚』(2011年)
出演:初音映莉子 石橋けい 三浦俊介
監督 / 脚本:山内ケンジ

映画『ミツコ感覚』感想

映画『ミツコ感覚』ミツコ役の初音映莉子
©2011 GEEK PICTURES

見どころ3選

  • 謎すぎる男・三浦
  • 姉妹の絶妙な距離感
  • 不快感のない気持ち悪さ

謎の男・三浦がとにかく怪しい。

ミステリアスで色気があるタイプの「怪しい」とか、ちょっと怖いタイプの「怪しい」などではなく「お前だれだよwww」という、思わず「w」を使ってしまう怪しさ。

さらには三浦の姉と名乗る人物までも一緒になってミツコの自宅やバイト先に現れます。ところが、姉に関しても姉ではない可能性が浮上。

これにより「お前だれだよwww」から「お前たちだれだよwww」にバージョンアップ。

映画『ミツコ感覚』三浦俊輔

とにかくミツコに近づくためにさまざまな嘘をつく三浦ですが、まったく悪びれません。

あまりにもミツコの行く先々に現れるので、後半は「ここで三浦が現れるんだろうな」と、三浦出現スポットを先読みしている自分がいます。

そしてその期待に応えるように、しっかりと現れる三浦。もう本当に「お前だれ」です。

三浦の怪演もさることながらミツコとエミの絶妙な距離感も見どころ。

映画『ミツコ感覚』ミツコ役の初音映莉子とエミ役の石橋けい

不倫する姉と反発する妹の会話劇は圧巻です。ズレたまま、あれよあれよと進んでいく不条理感がクセになる。

また、エミの不倫相手・松原も普通ではありません(つまり登場人物みんなヘンテコ)。

映画『ミツコ感覚』松原役の古舘寛治

終盤では松原の妻も現れて、もうてんやわんや。予測不可能な展開の中、一貫しているのは「三浦お前だれだよwww」という点。

こんなに不条理で気持ち悪いのに、不快感がまったく残らない新感覚の作品です。これが『ミツコ感覚』なのか。

映画『ミツコ感覚』エミ役の石橋けい

映画『ミツコ感覚』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

本ページの情報は2019年8月時点のものです。
最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

配信状況 サービス名
× Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
× Netflix
U-NEXT
× dTV
FOD

↓無料で動画を視聴するならU-NEXTがお得↓
※登録も解約も簡単で配信数が多い

無料でU-NEXTを試してみる

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。