ヒューマンドラマ

映画『殺さない彼と死なない彼女』死にたがりな彼女が死なない理由

映画『殺さない彼と死なない彼女』は、リストカット常習者で死にたがりな女子高生の成長する姿が描かれています。

  • 死生観について考えたい
  • 情緒が不安定になりがち
  • 恋愛をこじらせるタイプ

映画『殺さない彼と死なない彼女』概要

あらすじ

留年して退屈な高校生活を送っていた小坂(間宮祥太朗)は、ある日教室のゴミ箱に捨てられたハチを懸命に取り出すクラスメイト・鹿野(桜井日奈子)を目撃する。

リストカット常習者で死にたがりの鹿野が命を大切に扱う矛盾した姿に興味を持ち、2人でハチの埋葬を行った。

不器用ながらも自分を受け入れてくれる存在に出会った2人は、自然と同じ時間を過ごすようになる。

キャスト

小坂れい(間宮祥太朗)
留年してクラスメイトから先輩と呼ばれる。
鹿野なな(桜井日奈子)
リストカットの常習者で夏でも長袖を着る。
きゃぴ子(堀田真由)
容姿に自身はあるものの臆病でこじらせる。
地味子(恒松祐里)
きゃぴ子の幼なじみで面倒見がよい。
八千代(ゆうたろう)
地味子の弟で囲碁部に所属している。
撫子(箭内夢菜)
八千代のことが好きで告白し続ける。

作品情報

『殺さない彼と死なない彼女』(2019年)
出演:間宮祥太朗 桜井日奈子
監督:小林啓一 原作:世紀末

映画『殺さない彼と死なない彼女』感想

©2019映画
『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会

見どころ3選

  • 容赦のない死生観
  • 巧みなストーリー展開
  • 3回登場する「未来の話」

若手俳優を起用した少女漫画の実写化というと、どうしてもキラキラしたイメージが先行するため敬遠する人もいるかと思います。

しかしながら本作はその固定観念を軽々と裏切ってきました。

物語は、『殺さない彼と死なない彼女』というタイトルのとおり最初から最後まで容赦なく死生観が描かれています。3組のエピソードが同時に進行する、いわゆる群像劇。

前半は「死にたい」「死ね」「殺す」など、死への扱いは軽め。ところがそれは後半で一変し、重い現実が待ち受けます。

それまで断片的だった3つのエピソードが交錯することで明らかになるひとつの結末は、あまりにも残酷。

自分が死んでも社会は変わらないことと同時に周りに与える影響の大きさを実感します。

また、劇中に繰り返し3回登場する「未来の話」も大きなポイント。

それがどのような経緯でつむがれてきたのかを知ったとき、涙が溢れる人は多いはず。

原作の世界観を崩さない演出に原作ファンも納得しているのではないでしょうか。原作者のカメオ出演もあるのでお見逃しなく。

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。