濡れ場

映画『獣道』地方都市で模索する自分の居場所

映画『獣道』は、地方都市に住む若者たちが自分の居場所を探す姿が描かれています。

  • 成長した子役を見たい
  • ヤンキーを通ってきた
  • ローカル感を味わいたい

※視聴方法だけ早く知りたい人はこちら

映画『獣道』概要

あらすじ

とある地方都市で生まれた愛衣(伊藤沙莉)は、母親が新興宗教にのめり込んでしまった影響で幼少期の7年間を宗教施設で育つ。

母親の愛情は受けられなかったものの、施設では信者たちとうまく暮らしていた。しかしその施設が摘発されてしまう。

保護されて通い始めた中学校でクラスメイトの不良少年・亮太(須賀健太)と出会い、愛衣の唯一の理解者となる。

映画『獣道』亮太役の須賀健太と堅太役のアントニー

キャスト

愛衣(伊藤沙莉)
親の愛情を受けずに宗教施設で育つ。
亮太(須賀健太)
自分の居場所を探している不良少年。
堅太(アントニー)
不良グループの番長で恋人には弱い。
佑二(吉村界人)
亮太や堅太の悪友で特攻服を着ている。

作品情報

『獣道』(2017年)
出演:伊藤沙莉 須賀健太 アントニー
監督 / 脚本:内田英治

映画『獣道』感想

映画『獣道』愛衣役の伊藤沙莉と亮太役の須賀健太
©THIRD WINDOW FILMS

見どころ3選

  • 須賀健太のキスシーン
  • 見覚えのあるローカル感
  • 宗教からAVまでの振り幅

まず驚いたのが須賀健太のキスシーン。とてもよいです。子役のイメージが強かったので、高校生役ということにも驚きました。

映画『獣道』伊藤沙莉と須賀健太のキスシーン

その高校生っぷりが素晴らしく「あっこういうイケメン男子いたいた」と、思わず地元を思い出してしまうほど。

映画『獣道』愛衣役の伊藤沙莉と亮太役の須賀健太

ローカル感については独特の上下関係を含めて再現されています。こちらもやはり地元の同級生を思い出してしまいました。

どこの地域でも中高生時代ってだいたいこういう感じじゃないですかね。

映画『獣道』伊藤沙莉と須賀健太と毎熊克哉

また、伊藤沙莉演じる愛衣が自分の居場所を求めて転々とするため環境がガラリと変わるところも見どころ。

新興宗教施設・不良一家・中流階級家庭など、乳首出しヌードも披露ながらすぐに新しい環境に順応していきます。最終的に売れっ子AV女優となるまでの過程が濃い。

本作ではAV女優ですが、AV業界の風雲児・村西とおるの半生を描いた『全裸監督』ではAV女優のメイクさん役としてレギュラー出演しています。

愛衣役【伊藤沙莉】出演作品『全裸監督』の感想はこちらドラマ『全裸監督』人間の性欲を売る男

ノワール作品に欠かせない、でんでん・吉村界人・毎熊克哉で脇を固める布陣にも注目。

映画『獣道』喜田役のでんでん

映画『獣道』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

本ページの情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

配信状況 サービス名
× Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
Netflix
× U-NEXT
dTV
× FOD

さらに本格的な濡れ場なら
「上記じゃ刺激が足りない」という人は、こちらの記事がいいかももっと激しいアダルト作品を視聴してみる

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。