サスペンス / ミステリー

映画『紙の月』正義感で正当化された横領

映画『紙の月』は、ごく普通の主婦が不倫と横領に手を染めてしまいます。その理由が興味深い。

  • 年上キラーに弱い
  • 人のお金で豪遊したい
  • 受けるよりも与えたい

映画『紙の月』概要

あらすじ

銀行の契約社員として働く梅澤梨花(宮沢りえ)は、明るく真面目な性格で職場や顧客からの評判がよく信頼されていた。

しかし、夫・正文(田辺誠一)は妻がお金を稼ぐことをよく思っていない。

映画『紙の月』宮沢りえと田辺誠一
©2014「紙の月」製作委員会

ある日、営業終わりに立ち寄ったデパートでいつもは買わない高額化粧品を手に取った梨花は、手持ちが足らずに顧客から預かった現金で支払ってしまう。

しかしすぐに返したため、だれにも知られずに事なきを得た。

そんな折、顧客である平林孝三の家で出会った孫の光太と不倫関係に発展。梨花は光太の借金返済のために顧客の預金に手を出すことを思いつく。

映画『紙の月』梅澤梨花役の宮沢りえ
©2014「紙の月」製作委員会

キャスト一覧

梅澤梨花(宮沢りえ)
銀行の契約社員。営業成績がよい。
平林光太(池松壮亮)
顧客の孫。奨学金返済に追われる大学生。
隅より子(小林聡美)
銀行のお局。仕事に厳しく群れない。
梅澤正文(田辺誠一)
梨花の夫。梨花の仕事を下に見ている。

梅澤正文役【田辺誠一】出演作品『撃てない警官』の感想はこちらドラマ『撃てない警官』優先される出世と保身

作品情報

『紙の月』(2014年)
出演:宮沢りえ 池松壮亮 小林聡美 田辺誠一
監督:吉田大八 原作:角田光代

映画『紙の月』感想

映画『紙の月』タイトル
©2014「紙の月」製作委員会

見どころ3選

  • 不倫と豪遊のダブル背徳感
  • 年上キラーな池松壮亮
  • 梨花の歪んだ正義感

不倫相手の大学生と人のお金で豪遊だなんて、それ以上の背徳感がありますか。

大学生役をやらせたら右に出る者はいない池松壮亮の大学生役は100点満点。後半にかけての豹変っぷりがしびれます。

映画『紙の月』平林光太役の池松壮亮
©2014「紙の月」製作委員会

本作でなにより興味深いのは、横領を正当化してしまっているところ。

不倫相手の借金返済や生活のために横領を重ねるわけですが、それは単に色恋の問題だけではありません。

幼少期に参加した「愛の子供プログラム」というボランティア活動によって、与えることに幸せを見出した梨花は独自の正義感に基づいて行動しています。

そこに共感というか人間味を感じました。

歪んだ正義感にどう決着をつけるのか、最後まで緊張感が続く作品です。

映画『紙の月』梅澤梨花役の宮沢りえ
©2014「紙の月」製作委員会

映画『紙の月』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

配信状況 サービス名
Amazonプライム・ビデオ
Hulu
× Netflix
U-NEXT
× dTV
FOD

本ページの情報は記事更新日(2019年3月時点)のものです。最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。