濡れ場

映画『へルタースケルター』美への欲望と崩壊する精神

映画『へルタースケルター』は、全身美容整形という秘密を抱えながら芸能界のトップスターの座に君臨する“りりこ”の精神が崩壊していく姿が描かれています。

  • 沢尻エリカの美貌に震えたい
  • 美男美女のセックスが見たい
  • 蜷川実花の世界観が好き

視聴方法だけ知りたい人はこちら
(無料で視聴する方法と各社配信情報)

映画『へルタースケルター』概要

あらすじ

芸能界のトップスターとして君臨するりりこ(沢尻エリカ)は大きな秘密を抱えている。

その完璧な美貌は全身美容整形によって手に入れたもので、後遺症に悩まされていた。

そんな中、違法な施術を行う美容クリニックの事件を追う検事・麻田(大森南朋)がりりこを訪ねてくる。

さらに、生まれたままの姿で美しい後輩モデル・吉川こずえ(水原希子)も現れ、りりこの精神は追い詰められて崩壊していく。

キャスト

りりこ(沢尻エリカ)
全身に美容整形を施し、後遺症が残る。
麻田誠(大森南朋)
美容クリニックの事件を追う敏腕検事。
羽田美知子(寺島しのぶ)
りりこのマネージャーで服従している。
奥村伸一(綾野剛)
美知子のヒモでりりこに誘惑される。
吉川こずえ(水原希子)
りりこの後輩モデルで人気急上昇中。
南部貴男(窪塚洋介)
りりこの恋人で御曹司。

りりこ役【沢尻エリカ】出演作品『人間失格 太宰治と3人の女たち』の感想はこちら映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』命がけの傑作誕生秘話

作品情報

『へルタースケルター』(2012年)
出演:沢尻エリカ, 大森南朋, 寺島しのぶ
監督:蜷川実花 原作者:岡崎京子

映画『へルタースケルター』感想

見どころ3選

  • 死角のない360度ヌード
  • 沢尻エリカ vs 水原希子
  • 際限のない美への欲望

まず冒頭から沢尻エリカの乳首出しヌードに目を奪われます。全身に巻かれた包帯をゆっくりと取っていくと、おっぱいがポロリ。

セックスシーンでの乳首出しヌードとなると基本的に動きがあるため忙しく、かつ、部分的だったり隠れてしまったりすることも多いのが現状(わたし調べ)。

しかしこのシーンでは、100%の神経を沢尻エリカのおっぱいだけに集中できます。

また、おっぱいだけでなく360度どこから見ても美しいヌードには神への怒りが湧き上がりました。不公平すぎるだろう。

もちろん激しい濡れ場もあります。お相手は窪塚洋介。美男美女すぎて言葉も出ません。

鏡張りの部屋(メイクルーム?)で行為に及ぶため、突かれている姿を4方向から確認できます。沢尻エリカに死角なし。

ほかにも哀川翔との枕営業や寺島しのぶにクンニさせたりなど、過激な描写が蜷川実花による極彩色の世界観で繰り広げられます。

しかしながら最強の美貌をもってしても、芸能界のトップスターとして君臨できる時間は長くは続きません。

水原希子演じる後輩モデル・吉川こずえにCMや雑誌の表紙をまたたく間に奪われ、りりこの精神が崩壊していきます。

「もうやめたい」と泣きじゃくるりりこの姿に沢尻エリカを重ねてしまいました。

お人形さんのような容姿に終始見とれてしまいましたが、綺麗な人もいろいろと大変なんですね(薄っぺらい結論に至る)。

今回、沢尻エリカの薬物所持による逮捕報道を受けて数年ぶりに本作を視聴しました。作品のテイストと逮捕内容がかなり近いため、配信が停止してしまうのではないかと心配しています。気になる人はお早めに。

©2012映画『へルタースケルター』製作委員会
©岡崎京子 / 詳伝社

映画『へルタースケルター』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

配信中の作品が動画配信サービス内の検索結果に出てこないときはブラウザ版から検索で簡単解決配信中の作品が検索できない理由と対処方法

配信状況 サービス名
Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
Netflix
U-NEXT
× Paravi
dTV
FODプレミアム

動画を視聴するならU-NEXTの無料体験がお得
※登録も解約も簡単で配信数が多くアダルトも強い
(違法動画を探すより早い・安全・高画質)

無料でU-NEXTを試してみる

国内最大級の人気動画配信サービスU-NEXTとは【特徴】他社よりも圧倒的に配信数が多い【知らないと損】国内最大級の人気動画配信サービスU-NEXTの概要やメリット・デメリット、あまり知られていないアダルトコンテンツについて紹介いたします。...

さらに強い刺激を求める人におすすめの記事アダルト作品に強い動画配信サービスで映画もAVも視聴する

ABOUT ME
ヤナマリ(柳本マリエ)
ヤナマリ(柳本マリエ)
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。このブログでは濡れ場の多い映画やドラマの見どころを真剣に解説しております。R指定作品はお任せください。人間の下心がむき出しの作品が好き。