濡れ場

映画『花宵道中』吉原遊女が咲かせる花

映画『花宵道中』は、江戸時代の遊女を安達祐実が熱演。ヌードを披露したことでも話題となりました。

  • 安達祐実のヌードが見たい
  • 江戸時代の恋愛に弱い
  • 花魁の世界観が好き

映画『花宵道中』概要

あらすじ

江戸時代末期の新吉原。山田屋で働く遊女・朝霧(安達祐実)は、体温が上がると体に「花」が咲くことで人気を集めていた。地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしている。

ある日、妹女郎の八津(小篠恵奈)に連れ出された縁日で染物屋の半次郎(淵上泰史)と出会う。

女郎である母親から虐待を受けていた朝霧は、かつての母親のように恋に溺れることを恐れていたにも関わらず半次郎と恋仲になってしまう。

映画『花宵道中』朝霧役の安達祐実
©2014 東映ビデオ

キャスト一覧

朝霧(安達祐実)
体に「花」が咲く山田屋の人気女郎。
半次郎(淵上泰史)
朝霧と縁日で出会った染物屋の青年。
吉田屋(津田寛治)
商売のために朝霧の身請けを企む。
霧里(高岡早紀)
朝霧の姐女郎で命の恩人。
八津(小篠恵奈)
朝霧の妹女郎で朝霧を縁日に誘う。

作品情報

『花宵道中』102分(2014年)
出演:安達祐実 淵上泰史 津田寛治
監督:豊島圭介 原作:宮木あや子

映画『花宵道中』感想

映画『花宵道中』朝霧役の安達祐実
©2014 東映ビデオ

見どころ3選

  • 安達祐実の美しすぎるヌード
  • 乳首をコリコリする津田寛治
  • 遊女と染物屋の純愛

やはり目を奪われるのは安達祐実のヌードです。めちゃめちゃ綺麗。

思わず脳裏に安達祐実の初主演映画『REX 恐竜物語』(1993年)を劇場で鑑賞した記憶が蘇りました。「あの安達祐実が!」みたいな。国民的人気子役でしたからね。ヌードには驚きました。

しかも相手は変態界の匠・津田寛治です。今回も最高に気持ち悪い(褒めている)。

映画『花宵道中』朝霧役の安達祐実と吉田屋役の津田寛治
©2014 東映ビデオ

なんと、好きな人の前で犯されるという最悪のシチュエーション。津田寛治が安達祐実の乳首をコリコリするのですが、もう本当にただの変態で(褒めている)。

津田寛治が変態官能小説家を演じる『恋の罪』の感想はこちら映画『恋の罪』売春に堕ちた主婦が行き着く城

しかしながら物語の本筋は、遊女と染物屋の純愛(を邪魔する津田寛治)。叶わない恋を貫く姿に号泣しました。

映画『花宵道中』吉田屋役の津田寛治と半次郎役の淵上泰史
©2014 東映ビデオ

なにより、安達祐実の演技に震えます。いやすごい。強さと弱さをあわせ持った儚い遊女を見事に熱演しています。

映画『花宵道中』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

配信状況 サービス名
Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
Netflix
× U-NEXT
dTV
× FOD

本ページの情報は更新日(2019年8月時点)のものです。最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

↓↓おすすめ関連記事↓↓
濡れ場が多くてエロい映画ドラマ10選

さらに本格的な濡れ場なら
「上記じゃ刺激が足りない」「もっとエロいアダルト作品を視聴したい」という人は、こちらのほうがいいかも

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。