濡れ場

ドラマ『金魚妻』妻たちの葛藤と禁断の不倫

ドラマ『金魚妻』はタワーマンションに住むさまざまな「妻」たちの葛藤や禁断の不倫が描かれています。

  • 禁断の愛に燃えてしまう
  • 妻たちの葛藤が見たい
  • 家庭の事情が気になる

ドラマ『金魚妻』概要

あらすじ

タワーマンションの最上階に住む平賀さくら(篠原涼子)は人望が厚く、夫・卓弥(安藤政信)が経営するサロンを支えている。

さくらの生活は華やかに見える一方で夫からのDVやモラハラに苦しんでいた。加えて、夫が不倫をしていることも知っている。

ある日、偶然入った金魚屋で春斗(岩田剛典)と出会う。2人は一線を越えてしまい、さくらは夫から身を隠す生活が始まる。

実写ドラマ『金魚妻』篠原涼子と岩田剛典の濡れ場

キャスト

平賀さくら(篠原涼子)
タワマンの最上階に住む経営者。
豊田春斗(岩田剛典)
金魚屋の店主で金魚オタク。
平賀卓弥(安藤政信)
さくらの夫でDV・モラハラ気質。
箱崎ゆり葉(長谷川京子)
さくらの夫と不倫をしている。
田口慈子(松本若菜)
不倫と聞くと激しい頭痛を起こす。
志村優香(中村静香)
夫とのセックスレスに悩んでいる。
保ヶ辺朔子(瀬戸さおり)
夫の性癖に悩んでいる。料理上手。
真田早矢(石井杏奈)
引きこもってお酒ばかり飲んでいる。

作品情報

『金魚妻』全8話(2022年)
出演:篠原涼子, 岩田剛典
監督:並木道子 原作者:黒澤R

ドラマ『金魚妻』感想

実写ドラマ『金魚妻』平賀さくら役の篠原涼子と豊田春斗役の岩田剛典

見どころ3選

  • 6名の「妻」それぞれの事情
  • 見えそうで見えない濡れ場
  • 頭痛妻の違和感と伏線回収

タワーマンションに住む妻6名の物語。それぞれが干渉し合う群像劇です。

「金魚妻」平賀さくら(篠原涼子)
夫からDV・モラハラを受けている

「改装妻」箱崎ゆり葉(長谷川京子)
理解のない夫と姑に我慢を強いられる

「頭痛妻」田口慈子(松本若菜)
不倫に対して強い拒絶反応を起こす

「外注妻」志村優香(中村静香)
子どもを望んでいるのに夫が応じない

「弁当妻」保ヶ辺朔子(瀬戸さおり)
夫の特殊な性癖に振り回されている

「伴走妻」真田早矢(石井杏奈)
引きこもりの妻がお酒に依存している

それぞれ抱えている問題が異なるためフレッシュに見ることができるでしょう。ただその分、妻ごとに温度感も異なるので気持ちが置いてけぼりになるシーンもありました。

実写ドラマ『金魚妻』平賀さくら役の篠原涼子と平賀卓弥役の安藤政信

不倫がテーマの作品ということもあり、濡れ場は多いです。特に冒頭の長谷川京子と安藤政信のセックスシーンは思わず「うまい!」と感心してしまいました。

見えそうで見えないんですよ。肌の露出はめちゃくちゃ多いのに、ちゃんと隠れてる。

じつは、そういうシーンを見るといつも思い出してしまうことがありまして。『ピューと吹く!ジャガー』という漫画に出てくるhide郎というキャラクターです。

彼は全裸で激しくギターの演奏をするのですが、ちゃんと隠れてる。そのパフォーマンスに対して観客が「うまい!」とかけ声をかけていくというもの。

それ以来、そういうシーンを見るとつい「うまい!」と心の中で思ってしまいます。本作『金魚妻』の冒頭の濡れ場がまさにそうだったのでぜひ注目して見てください。

一方で、川﨑珠莉演じる美容師・寧々はヌードになっているので生々しい濡れ場を見たい人の需要もしっかり考慮されています。

実写ドラマ『金魚妻』」田口慈子役の松本若菜と田口卓三役の眞島秀和

私が6名の妻の中で1番好きなのは頭痛妻。このエピソードだけ伏線がとても多いです。

特に序盤は「なんでそういう展開になる?」と、ちょっと引いてしまいました。しかしながら事情が明かされると、すべての違和感が解決します。

頭痛妻役【松本若菜】出演作品
his』『フルーツ宅配便』『屋根裏の散歩者』『ホテルコパン』など

それにしても、みんなそれぞれいろんな悩みを抱えていますよね(強引なまとめ)。

実写ドラマ『金魚妻』頭痛妻役の松本若菜

©NETFLIX

ドラマ『金魚妻』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

本ページの情報は2022年2月時点のものです。
最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

配信状況サービス名
×Amazonプライム・ビデオ
×Hulu
Netflix
×U-NEXT
×Paravi
×dTV
×FODプレミアム
ABOUT ME
ヤナマリ(柳本マリエ)
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしていました。このブログでは濡れ場の多いR指定映画やドラマの見どころを真剣に解説しています。2019年10月から1年間で30kgの減量を記録したブログはこちらから。著書『デブからの脱却』がKADOKAWAより発売中。