濡れ場

映画『下衆の愛』夢を追い続けるゲスい映画監督

映画『下衆の愛』は、夢を追いかける大人たちのゲスくて泥臭い姿が描かれています。

  • クズい人を放っておけない
  • 乳首出しヌードをたくさん見たい
  • 夢を諦めない人を応援してしまう

※視聴方法だけ早く知りたい人はこちら

映画『下衆の愛』概要

あらすじ

映画祭で受賞経験のある映画監督・テツオ(渋川清彦)は、40歳を目前にしながら夢を諦めることができずにいた。実家に女を連れ込み自堕落な生活を送っている。

映画『下衆の愛』乳首出しヌードのセックスシーン

ある日、新人女優のミナミ(岡野真也)と脚本家志望のケン(忍成修吾)がテツオのもとに面接にやってくる。

才能を確信したテツオは情熱を取り戻し、ハメ撮りで生計を立てる助監督・マモル(細田善彦)と再び映画を作る。

映画『下衆の愛』渋川清人と細田善彦とでんでん

キャスト

テツオ(渋川清彦)
39歳で実家住みニートの映画監督。
ケン(忍成修吾)
脚本家志望でテツオを慕っている。
ミナミ(岡野真也)
新人女優で主演に抜擢される。
響子(内田慈)
枕営業ばかりしている売れない女優。
マモル(細田善彦)
自らのハメ撮りで生計を立てる助監督。

作品情報

『下衆の愛』(2016年)
出演:渋川清彦 忍成修吾 岡野真也
監督 / 脚本:内田英治

映画『下衆の愛』感想

映画『下衆の愛』テツオ役の渋川清彦
©THIRD WINDOW FILMS

見どころ3選

  • 登場人物全員がゲスい
  • 日常的に行われる枕営業
  • ゲスの中に垣間見る青春

『下衆の愛』(げすのあい)というタイトルのとおり、登場人物全員がゲスいです。

渋川清彦演じる映画監督・テツオは売れない女優とセックス三昧。実家に連れ込むだけでなく、居酒屋のトイレや稽古場など場所を選びません。とにかく手が早い。

映画『下衆の愛』テツオ役の渋川清彦

内田慈演じる売れない女優・響子とは長い付き合い(肉体関係)にも関わらず、若い新人女優が現れた途端に乗り換えます。

ところが響子も響子でゲスい。テツオ以外の監督やプロデューサーに日ごろから枕営業ばかりしています。

映画『下衆の愛』枕営業をする内田慈

さらに新人女優を枕営業に落とす手引きまでする始末。損得でしか動かない徹底っぷり。

映画『下衆の愛』枕営業をする内田慈

また、細田善彦演じる助監督・マモルは自らのハメ撮りで生計を立て、資金を調達。ところが次第にエスカレートしていきます。

映画『下衆の愛』ハメ撮りをする細田善彦

しかしながら、ゲスくて泥臭いからこそ青春なのかもしれません。夢を追う姿を見ると、やっぱりどうしても応援してしまいます。

あと(これはもしかしたら見間違いかもしれませんが)冒頭で渋川清彦がオナニーをしようとするシーンの股間が無防備すぎて、若干見えている気がしました。前貼りかな???

思わず3回くらい再生して確認してしまったので、そのあたりも注目してみてください。

映画『下衆の愛』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

本ページの情報は2019年10月時点のものです。
最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

配信中の作品が動画配信サービス内で検索できないときはこちら配信中の作品が検索できないときの対処方法

配信状況 サービス名
× Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
× Netflix
U-NEXT
× dTV
FOD

↓無料で動画を視聴するならU-NEXTがお得↓
※登録も解約も簡単で配信数が多い

無料でU-NEXTを試してみる

上記じゃ刺激が足りない、という人はこちらの記事がおすすめ映画からアダルト動画までまとめて視聴する

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。