濡れ場

映画『不倫純愛』人気作家が企むダブル不倫

映画『不倫純愛』は、カップルの性癖に巻き込まれた気の毒な夫婦が描かれています。

  • イケメン作家に弱い
  • 別荘に事件性を感じる
  • 大人の濡れ場が見たい

映画『不倫純愛』概要

あらすじ

ある朝、出版社編集長・辰波京介(津田寛治)の自宅に、人気作家・岡セイジ(河合龍之介)の手書き原稿が届く。

しかし本人と連絡が取れないため辰波が事務所へ向かうと、そこにはセイジの恋人・川島澪香(嘉門洋子)の姿があった。

2人でセイジを探しているうちに、肉体関係へと発展してまう。ところがそれは最初から計画されたものだった。

キャスト

川島澪香(嘉門洋子)
人気作家・岡セイジの恋人。
辰波京介(津田寛治)
出版社の編集長で既婚者。
辰波真知子(中村優子)
京介の妻でジムに通っている。
岡セイジ(河合龍之介)
失踪してしまった人気作家。

作品情報

『不倫純愛』(2011年)
出演:嘉門洋子 津田寛治 河合龍之介
監督:矢崎仁司 原作:新堂冬樹

映画『不倫純愛』感想

映画『不倫純愛』川島澪香役の嘉門洋子と辰波京介役の津田寛治
©2011「不倫純愛」製作委員会

見どころ3選

  • 急展開からの急展開
  • 全力で誘惑される編集長
  • 性癖に巻き込まれる夫婦

全体を通していっさいの無駄がなく、あれよあれよと物語が展開します。「なんでそうなる!?」というツッコミすら入れさせないほどの急展開から目が離せません。

まず、津田寛治演じる編集者・辰波が連絡の取れない人気作家・岡セイジの事務所を訪ねます。そこで出会ったのが嘉門洋子演じる美女・川島澪香。

出会い頭に「どっかで会ったことある」というナンパの常套句ような挨拶から辰波と澪香の怒涛の展開が待ち受けます。

事務所訪問 → セイジ失踪 → 別荘へ向かう → 湖で仲良くカヌー → セイジ自殺疑惑 → 澪香ビックリして湖に飛び込む → お姫様抱っこで救出 → 全裸になって服を乾かす → おっぱいを出しながら酒を飲む(なんで!)

映画『不倫純愛』川島澪香役の嘉門洋子と辰波京介役の津田寛治
©2011「不倫純愛」製作委員会

まぁこれだけ誘惑されたら肉体関係へと発展しますよね。もう別荘という時点でヤることは殺人かセックスしかありません(偏見)。

しかしこれはセイジと澪香の企みでした。

同時期にセイジも辰波の妻・真知子へと近づき、キスまで済ませます。だれもが泥沼のダブル不倫への展開を確信したところで、まさかの純愛パートの開幕け(なんで!)。

読めそうで読めない怒涛の展開に思わず出た感想が「やべぇ」です。感情移入する間もないところが客観視できてよかったのかも。

映画『不倫純愛』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

配信状況 サービス名
Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
Netflix
× U-NEXT
× dTV
× FOD

本ページの情報は記事更新日(2019年9月時点)のものです。最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

↓↓おすすめ濡れ場記事↓↓
濡れ場が多くてエロい映画ドラマ10選

さらに本格的な濡れ場なら
「上記じゃ刺激が足りない」という人は、こちらのほうがいいかももっと激しいアダルト作品を視聴する

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。