ヒューマンドラマ

映画『淵に立つ』断りなく始まった共同生活

映画『淵に立つ』は、突然現れた男によって崩壊する一家が描かれています。

  • 不気味な人が気になる
  • 崩壊する家族を見たい
  • 役者の演技に震えたい

映画『淵に立つ』概要

あらすじ

小さな金属加工工場を営む鈴岡利雄(古館寛治)は、妻・章江(筒井真理子)と10歳の娘・蛍(篠川桃音)と3人で平凡な生活を送っていた。

©2016映画『淵に立つ』製作委員会
COMME DES CINEMAS

ある日、服役していた利雄の友人・八坂草太郎(浅野忠信)が工場に現れる。

利雄は章江に断りなく八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供した。戸惑っていた章江も次第に礼儀正しい八坂に好意を抱く。

しかし八坂は突然姿を消し、消息がつかめないまま8年の歳月が過ぎる。

キャスト

八坂草太郎(浅野忠信)
殺人の罪で服役していた。
鈴岡利雄(古館寛治)
八坂の古い友人で町工場を営む。
鈴岡章江(筒井真理子)
利雄の妻で夫婦仲は冷めている。

八坂草太郎役【浅野忠信】出演作品『私の男』の感想はこちら映画『私の男』倫理に反した父娘の歪んだ愛

作品情報

『淵に立つ』(2016年)
出演:浅野忠信 古館寛治 筒井真理子
監督 / 脚本:深田晃司

映画『淵に立つ』感想

©2016映画『淵に立つ』製作委員会
COMME DES CINEMAS

見どころ3選

  • 謎の男・八坂の二面性
  • はじめてのキス(不倫)
  • 筒井真理子の役作り

浅野忠信演じる八坂が不気味すぎます。どこへ行くにも(というか寝るときも)ワイシャツとスラックスで、だれに対しても丁寧。

丁寧であるほど、とにかく不気味です。

©2016映画『淵に立つ』製作委員会
COMME DES CINEMAS

そんな中で1度だけ声を荒げるシーンがあるのですが、それまでずっと「丁寧」を溜めてきただけあって二面性にしびれました(クッソ怖ぇ)。

また、八坂は筒井真理子演じる利雄の妻・章江と距離を縮めていきます。川に遊びに行ったときに人目を忍んではじめてキス。

©2016映画『淵に立つ』製作委員会
COMME DES CINEMAS

そのキスがもう、パーフェクト!!!
理性と背徳感を見事に、見事に表しています。思わず「ギャーーーーー(ダミ声)」と叫んでしまいましたわ。えぇ。

©2016映画『淵に立つ』製作委員会
COMME DES CINEMAS

なにより驚いたのが筒井真理子の役作り。

物語は前半と後半で8年の歳月が流れているのですが、本当に8年経過しているのではないかと思うほどに見た目が老け込んでいます。※特殊メイクとかではない

なんと、役作りのために3週間で13キロも体重を増やしたそうで。マジでマジで圧巻の演技です。そのほかにも見どころはあるのに筒井真理子の狂気に全部持ってかれました。

古館寛治と太賀も好演です(つまり全員)。

映画『淵に立つ』鈴岡利雄役の
©2016映画『淵に立つ』製作委員会
COMME DES CINEMAS

映画『淵に立つ』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

配信状況 サービス名
× Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
Netflix
U-NEXT
dTV
× FOD

本ページの情報は記事更新日(2019年9月時点)のものです。最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。