イヤミス

映画『CURE』日常に紛れる深い闇

映画『CURE』は、ホラー耐性に強くてもゾクッとしてしまう描写が多い作品です。

  • 萌え袖に弱い
  • ホラーが好き
  • 緊張感を味わいたい

映画『CURE』概要

あらすじ

ホテルで娼婦が惨殺される事件が発生。鈍器で殴打後に胸をX文字に切り裂くという特殊な殺害方法にも関わらず、現行犯逮捕された犯人は動機を覚えていなかった。

現場に臨場した刑事・高部(役所広司)は、同様の事件が相次いでいることから友人の心理学者・佐久間(うじきつよし)に精神分析を依頼。

無関係と思われる犯人たちがどうして同じ手口で犯行を行うのか、なかなか手がかりが掴めず捜査は難航していた。

しかしながら捜査を重ねるうちに、加害者たちが事件直前に会っていた男・間宮(萩原聖人)の存在が判明する。

映画『CURE』役所広司
©1997KADOKAWA

キャスト

間宮邦彦(萩原聖人)
記憶障害の医大生。
高部賢一(役所広司)
刑事。妻は精神病を患っている。
佐久間真(うじきつよし)
高部の友人で心理学者。

高部賢一役【役所広司】出演作品『孤狼の血』の感想はこちら映画『生き残りを賭けて戦う男たちの正義

作品情報

『CURE』(1997年)
出演:役所広司 萩原聖人 うじきつよし
監督 / 原作:黒沢清

映画『CURE』感想

映画『CURE』タイトル
©1997KADOKAWA

見どころ3選

  • 間宮の圧倒的な色気
  • 引き画のワンカット
  • 日常に紛れた殺意

とにもかくにも、間宮の色気がすごい。

記憶喪失の萌え袖イケメンという最強スペックで子猫のように甘えながら近づいてくる神シチュエーションに、テンション爆上がりです。

「記憶喪失ならワンチャンあるかも」という邪心も生まれませんか?(生まれる)

映画『CURE』萩原聖人と役所広司
©1997KADOKAWA

つかみどころのない会話からいきなり的を得た口調に変わる瞬間は男女問わずドキッとしてしまうでしょう。

もう本当に心をわし掴みにされました。どんな恋愛映画よりもキュンとしてしまいます。

映画『CURE』役所広司とうじきつよし
©1997KADOKAWA

また、黒沢清監督の得意技「引き画でワンカット」も熱い。

引き画は情報量が多いため、注意深く見ていないと決定的な場面を見逃してしまいます。その緊張感がたまらない。

背景化した日常にひっそりと紛れている殺意から目が離せませんでした。

無駄に広い空間や不自然な食欲、照明のオンオフなど、独特の不気味さがクセになります。

映画『CURE』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

配信状況 サービス名
× Amazonプライム・ビデオ
× Hulu
× Netflix
U-NEXT
× dTV
× FOD

本ページの情報は記事更新日(2019年3月時点)のものです。最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

ABOUT ME
ヤナマリ | 柳本マリエ
ヤナマリ | 柳本マリエ
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。暗くて重くてゲスくてクズくて濡れ場が多い作品が好き。最近は極道ものに手を出しました。