濡れ場

映画『チェリーボーイズ』童貞を捨てるための危ない計画

映画『チェリーボーイズ』は、25歳になっても女性と縁がない幼なじみ3人が企てた危ない計画とその顛末が描かれています。

  • 不器用な人を応援したい
  • ゆるいローカル感が好き
  • スケベな女の子が見たい

視聴方法だけ知りたい人はこちら
(無料で視聴する方法と各社配信情報)

映画『チェリーボーイズ』概要

あらすじ

クンニこと国森信一(林遣都)、ビーチクこと吉村達也(柳俊太郎)、カウパーこと高杉誠(前野朋哉)は25歳になっても女性とまったく縁のない生活を送っていた。

ある日、地元に帰ってきたクンニが童貞を捨てるためにとんでもない計画を企てる。

映画『チェリーボーイズ』林遣都と柳俊太郎と前野朋哉

それは町で1番スケベな女・フェラ子こと釈笛子(池田エライザ)をレイプするという、明らかな性犯罪だった。

キャスト

国森信一 / クンニ(林遣都)
地元を離れ、東京でバンド活動をしている。
吉村達也 / ビーチク(柳俊太郎)
市役所勤務で乳頭が伸びていることが悩み。
高杉誠 / カウパー(前野朋哉)
パチンコ屋勤務で同僚に好意を抱いている。
釈笛子 / フェラ子(池田エライザ)
フェラが得意でビッチな遊びをしている。
中出英雄 / プーチン(石垣佑磨)
地元の不良でビーチクへの当たりが強い。
清水(岡山天音)
プーチンの仲間でフェラファイトの司会。
佐久間恵 / パー子(松本メイ)
プーチンの恋人で3Pに興味がある。

作品情報

『チェリーボーイズ』(2017年)
出演:林遣都, 柳俊太郎, 前野朋哉
監督:西海謙一郎 原作者:古泉智浩

映画『チェリーボーイズ』感想

映画『チェリーボーイズ』林遣都と柳俊太郎と前野朋哉

見どころ3選

  • 連呼される「クンニ」の語感
  • ビッチなお遊びフェラファイト
  • 『シャイニング』のオマージュ

冒頭から躊躇なく連呼される「クンニ」に思わず笑ってしまいました。

林遣都演じる国森の小学生時代からのあだ名で、クンニをしたことがないのにクンニと呼ばれています(かわいそう)。

映画『チェリーボーイズ』クンニ役の林遣都とフェラ子役の池田エライザ

そのほかにも、ビーチク・カウパー・フェラ子・プーチン・パー子など、登場人物たちがあだ名で呼び合う姿は親近感を抱きます。

映画『チェリーボーイズ』林遣都と柳俊太郎と前野朋哉

童貞を捨てるためにスケベな女を襲う物語ですが、ターゲットにされるフェラ子役のキャスティングが難航していたとのこと。

それもそのはず、フェラ子は男たちにフェラチオをして口内射精させる「フェラファイト」というビッチな遊びをする強者。

映画『チェリーボーイズ』池田エライザのフェラファイト

制作陣が池田エライザの事務所で説得して決まったそうです(グッジョブ!)。

その甲斐あって、フェラファイトはもちろんプルンプルンのおっぱいが強調 & お尻がチラ見えする部屋着や生足が眩しいミニスカートなど、池田エライザのスケベ感がお見事。

映画『チェリーボーイズ』プーチン役の石垣佑磨と清水役の岡山天音

また、石垣佑磨演じるプーチンの『シャイニング』オマージュには吹きました。ジャック・ニコルソンに匹敵する目力に注目です。

さらに、恋人・パー子との濡れ場も見逃せません。松本メイが乳首出しヌードで爆乳おっぱいを揉まれて感じる姿は刺激強め。

映画『チェリーボーイズ』フェラ子役の池田エライザ

キャラの濃い登場人物がみんな不器用で愛おしく、脱力系が好きな人におすすめです。

©古泉智浩 / 青林工藝舎
2018東映ビデオ / マイケルギオン

映画『チェリーボーイズ』視聴方法

動画配信サービス各社配信情報

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は各サービスにてご確認ください。

配信中の作品が動画配信サービス内の検索結果に出てこないときはブラウザ版から検索で簡単解決配信中の作品が検索できない理由と対処方法

配信状況 サービス名
Amazonプライム・ビデオ
Hulu
Netflix
U-NEXT
× Paravi
dTV
FODプレミアム

動画を視聴するならU-NEXTの無料体験がお得
※登録も解約も簡単で配信数が多くアダルトも強い
(違法動画を探すより早い・安全・高画質)

無料でU-NEXTを試してみる

国内最大級の人気動画配信サービスU-NEXTとは【特徴】他社よりも圧倒的に配信数が多い【知らないと損】国内最大級の人気動画配信サービスU-NEXTの概要やメリット・デメリット、あまり知られていないアダルトコンテンツについて紹介いたします。...

さらに強い刺激を求める人におすすめの記事アダルト作品に強い動画配信サービスで映画もAVも視聴する

ABOUT ME
ヤナマリ(柳本マリエ)
ヤナマリ(柳本マリエ)
記事内《敬称略》で失礼します。映画メディア「シネマトゥデイ」にて2年間ほどコラムと漫画の連載をしておりました。詳しい経歴はこちらにて。このブログでは濡れ場の多い映画やドラマの見どころを真剣に解説しております。R指定作品はお任せください。人間の下心がむき出しの作品が好き。